「エネファーム」と「蓄電システム」

家庭用燃料電池システム「エネファーム」

エネファームは、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの商標です。燃料電池というと蓄電池の一種と思われる方もいるかもしれませんが、電池ではなく、発電機の一種です。都市ガスやプロパンガスを使って、電気とお湯を同時に作る装置で、近年、都市部を中心に導入が進んでいます。ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と反応させることで電気を作り、その際に発生する熱を利用してお湯も作る仕組みになっています。エネルギーを使う場所で作ることと、電気だけでなく熱も有効活用することなどから、エネルギー効率が高く、環境性能が優れていると言われています。

新築の際にエネファームを導入する前提で設計することで、お湯をお風呂やキッチンだけでなく、床暖房に活用したりすることも可能になるので、さらに快適で環境にも優しい生活を実現可能です。

エネファームを導入することで、電気代は大幅に削減できますが、当然ガス代がかかります。導入にあたっては、国や自治体からの補助金を活用できるケースもありますし、各ガス会社が導入をサポートするプランも用意しているケースもありますので、ご関心がある方は、お住まいの地域のガス会社にお問い合せ頂くとよいでしょう。

蓄電池を組み合せることで、より安心に

電気を作る装置であるエネファームですが、その起動・運転に電気を必要とするため、多くのエネファーム(※)は停電時に動かすことができません。そんな時に、エネファームをバックアップできる蓄電システムを設置していれば、停電時に動かすことも可能になります。仮に停電になった際に、ガスが利用可能な状況であれば、エネファームを動かして、電気とお湯を作ることができるわけです。現在、一般的に販売されている全ての蓄電システムがエネファームをバックアップできるわけではありませんが、フォーアールエナジーの家庭用蓄電システムはエネファームをバックアップできる数少ない機種の一つです。

※一部の機種のエネファームには、停電時にも動かす機能を持ったものがあります。

ちなみに、太陽光発電システムと一緒にエネファームを導入する際には、太陽光パネルが余剰電力買取制度で契約している場合、電力会社が買い取る電気の単価が下がるケースがあります。いわゆる「ダブル発電」というものです。この場合、ガス会社が単価の差額を補てんするサービスを行っていることもあります。

ガスを使って効率的に電気とお湯を作る環境性能に優れたエネファームですが、お湯を貯めるタンクは搭載されているのに、電気を貯める電池は搭載されていません。エネファームと蓄電システムを組み合せることで、お湯だけでなく、電気を貯めることもできるようになりますので、電気の使い勝手も向上するので、より一層快適で環境に優しい生活が実現可能です。

最大で3.7~3.75kWの電力を供給することが可能になります。またエネファームが最大で0.7kW~0.75kWを発電するので、より長きに渡り、電気をバックアップすることが可能になります。

業界ナンバー1の大容量、高出力を実現 フォーアールエナジーの家庭用蓄電池はこちらから

このページの先頭へ

4R ENERGY フォーアールエナジー株式会社

神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5 クイーンズタワーC20階 地図TEL 045-263-6738

Copyright (C) 2014 フォーアールエナジー株式会社 All Rights Reserved.