リチウムイオン電池とは

リチウムイオン電池とは

リチウムイオン電池は、正極にコバルト酸リチウムなどのリチウム遷移金属酸化物、負極にグラファイトや黒鉛などの炭素材料、そして電解液に有機溶媒を使用した蓄電池です。
充電・放電のときにはイオン化したリチウムが電極間を往復します。この反応をロッキングチェア型反応と言います。これにより、鉛電池などのリザーブ型に比べ電解液を少なく抑えることができるため、電池を小型化することが可能になりました。

リチウムイオン電池は電気自動車に使用される大型のものから、携帯電話やノートパソコン用の小型のものまでサイズのバリエーションが豊富です。

正極の材料としては、コバルト酸リチウム、マンガン酸リチウムやニッケル酸リチウムが利用されますが、それぞれ特徴があるため、性能と安全性の両立させる材料開発を各電池メーカーが進めています。

過充電・過放電と安全対策

リチウムイオン電池には充電や放電をしすぎると、故障につながりやすい特性があります。過剰な充放電を行うと、発煙・発火等の事故につながることもあります。
そのため、リチウムイオン電池自体や、リチウムイオン電池を組み込んだ製品・システムには、何重もの安全対策が必要になります。

日本国内のほとんどのメーカーの製品では、電池の内部にも保護機能を備えられていますし、製品・システム側でも異常値を検知したら安全停止するような仕組みが備えられています。私たちの生活に欠かせない存在となっているリチウムイオン電池ですが、これを安全に使って頂ける形でご提供するのが蓄電池メーカーの使命の一つです。

業界ナンバー1の大容量、高出力を実現 フォーアールエナジーの家庭用蓄電池はこちらから

このページの先頭へ

4R ENERGY フォーアールエナジー株式会社

神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5 クイーンズタワーC20階 地図TEL 045-263-6738

Copyright (C) 2014 フォーアールエナジー株式会社 All Rights Reserved.